journey journey #085

宮崎県児湯郡新富町の住宅



コギトで手掛けてきた住宅の中でも一番広い玄関かもしれません。
前面道路から約70センチ上がったレベルが敷地レベルだったので、玄関土間レベルから1階床レベルまで約1mの高低差が生まれ、
そのレベル差を利用した玄関土間上部に位置する2階の子供室が、1階床レベルからすると半階分の高さで上がれる位置になったという感じです。
極端に言うと、玄関土間が1階で、LDKなどメインフロアが踊場で、子供室が2階という感じでしょうか。
スキップフロアが視覚化されて現れると、それだけで空間に動きが出ますね。
クライアントからのリクエストで「スキップフロアがいい」とか「部屋に段差をつけたい」とかよくあるのですが、
今回はそういったリクエストがあったわけではなく、つまりソレ自体を狙って設計してるわけではなく、必然から生まれたソレであるので、先にソレありきで設計する際に陥り易い”とってつけたようなデザイン”ではないんですよね。

journey journey
住宅|宮崎県児湯郡新富町
house|Shintomi-cho,Koyu-gun,Miyazaki,JAPAN

設計:有限会社COGITE
施工:株式会社 森工務店
構造:木造
規模:地上2階建て
敷地面積:264.78m2(80.09坪)
延床面積:160.72m2(48.61坪)
設計期間:2011年1月~2011年4月
施工期間:2011年5月~2011年9月
撮影:COGITE
掲載サイト: 住まいの設計 2014年9・10月号

※オープンハウス(2011年9月25日開催)参加費としてみなさまから承りました500円は、
合計8,500円となりコギトより東日本大震災義援金として「日本赤十字社」へ責任もって寄付させていただきました。
ありがとうございました。