Split 9 #094

宮崎県児湯郡都農町の住宅



166坪の敷地としたのは、2匹のバセンジーのためのドッグランを確保するためであった。
ひょろ長い建物を敷地を2分する様に中央に配置し、ドッグランの部分である表の庭と物干や菜園等の為の裏の庭とに分けた。
平面形状は、8つの分節された部屋が一直線上に並んでいる。
それぞれの開口から顔を出せば住人がどの位置にいるのが一目瞭然なので、動線が遠い様に見受けられるが、
感覚的にはそうではない。と言いたいところだが、実のところノリで決まった感も否めない(笑)。
部屋が分節されたプランとなったのは、クライアントの「一体空間は嫌いである」「暗めの室内から明るい外を眺めるほうが好き」
「室内はとりわけいろんな色で遊びたい」というリクエストというところが大きい。
ご夫婦のインテリアのセンスに任せて進めた住宅である。

Split 9
住宅|宮崎県児湯郡都農町
house|Tsuno-cho,Miyazaki,JAPAN

設計:有限会社COGITE
施工:株式会社森工務店
構造:木造
規模:地上1階建て
敷地面積:548.85m2(166.02坪)
延床面積:103.66m2(31.35坪)
設計期間:2011年6月~2011年9月
施工期間:2011年11月~2012年4月
撮影:COGITE
掲載サイト:
掲載誌:素住-SUSU-no.17 / 住まいの設計2014年1・2月号 / MYHOME 100選 VOL.17